北海道の食

料理名 別名 発祥時期 地域 料理概要
石狩鍋 秋味鍋 - 石狩地方
(沿岸地域)
土鍋に昆布のダシを取り、サケをぶつ切りにして野菜と共に煮込んだ物。
味噌仕立てと酒粕を入れる物がある。
宗谷鍋 磯鍋 - 宗谷地方沿岸 漁師料理の磯鍋の一種。宗谷沿岸の海産物が具材として入る。味付けは、塩のみ。昆布と魚介類のダシが効いた一品。
十勝鍋 - - 十勝地方 石狩鍋と同様な具材に豚肉を入れた物で味噌仕立ての物。
なんこ鍋 なんこう - 空知地方 なんこ(馬の腸)を鍋に投入した味噌仕立ての鍋料理。専ら産炭地で鉱山労働者の間で広まり食べられていた。
あど汁 - - 沿岸地域 生サケの頭とわた(内臓)を使った汁物。小さく切った頭とわたをアクを取り除きながら煮込む。味噌で味付けして、大根おろしを載せて食する。
かじか汁 - - 日本海
太平洋沿岸地域
カジカを用いた味噌汁。
ゴッコ汁 - - 道南沿岸地域 ホテイウオ(ゴッコ)を具に用いた味噌汁。キャベツ、ジャガイモなどを加える事もある。
三平汁 - - 日本海沿岸地域 糠ニシン(ニシンの糠漬け)や、塩サケ、タラなどとジャガイモ・ダイコン・ニンジンなどを入れて昆布のダシで煮込んだ塩味の汁物。
だんご汁 すいとん汁 - 北海道全域 一般的なすいとんもあるが、具材として、ジャガイモ・カボチャを使用したいもだんご・かぼちゃだんごを使われる場合もある。
てっぽう汁 - - 日本海・オホーツク海
沿岸地域
稚内・根室・釧路など
カニ(ズワイガニ・花咲ガニ)が入った味噌汁。
豚(ぶた)汁 とん汁 - 北海道全域 一般的な豚汁は、サトイモを使用されるが、北海道ではジャガイモを使用。
ガタタン - 太平洋戦争後 芦別市 団子、タケノコ、シイタケ、豚肉、こんにゃく、ちくわ、卵など10種類以上の具を入れ、とろみをつけた塩味の中華スープ。中華料理店で考案され広まった。
かしわぬき - - 釧路市 「かしわそば」から蕎麦を抜いた物。鳥のダシが効いたスープ料理。
ニシンそば - - 江差町 一般的な温かい蕎麦(かけそば)の上にニシンの甘露煮が載っている物。
グリンめんそば グリーンめん - 十勝・釧路地方 緑色の麺。クロレラの粉末を生地(小麦)に練り込んである。一般的なそうめん・ひやむぎと同様に食する。
茶そば - - 釧路市 緑色の麺。抹茶を生地(蕎麦)に練り込んである。一般的な蕎麦と同様に食する。
いかめし イカのめし詰め
いかごはん
- 森町 生イカの腹に水洗いした米・もち米を詰めて、砂糖・醤油・酒で甘辛く炊き上げた物。
イカの沖漬け - - 函館沿岸地域 生イカをそのままの状態で醤油に漬けた物。
イカの塩辛 - - 函館沿岸地域 生イカを捌き、イカの内臓と塩で漬けた物。
イカそうめん イカソーメン - 函館市 生のイカを麺のよう細く切り、素麺に見立てて食する刺身料理。
ルイベ - - 沿岸地域(アイヌ) アイヌ語で「溶ける食べ物」を意味する。冷凍保存食の総称。一般的には、サケなどを凍らせた刺身。
いももち いもだんご - 道央・道東地方
(畑作地域)
蒸かしたジャガイモを潰しでんぷんを混ぜ練り合わせ、焼き上げた物。
焼き上げた物を「いももち」、汁に入っている物を「いもだんご」とされる。餅の代用品として出来た物。
南瓜を用いた物を「カボチャ(もち・だんご)」とも言う。
かぼちゃ汁粉 - - 道東地方(畑作地域) 蒸かした(茹でた)南瓜。又は、カボチャだんごを汁粉に入れた物。餅の代用品として出来た物。冬至に食する汁粉。
あげいも - - 中山峠 蒸かした(茹でた)ジャガイモに液状のホットケーキの生地のようなものをくぐらせ油で揚げた物。
じゃがバター - - 北海道全域 蒸かしたジャガイモにバターを添えて食する。好みによっては、塩・砂糖・イカの塩辛を添える。
茹で・焼きとうきび キビ - 北海道全域 茹で・焼いたとうもろこし。大通公園(札幌市)で販売される物が全国的に有名。ラーメンの具材(札幌ラーメン)など。
近年、新品種の白いとうきび(ピュアホワイト)が全国的に有名となる。
とうきびご飯 とうもろこしのご飯 -   とうもろこし、エビ、しいたけなどを使った炊き込みご飯。
北見焼き - - 北見市 半羽の鶏肉を焼いた物。
いずし ○○ずし - 沿岸地域 サケ・ニシン・ハタハタ・ホッケ・キンキなどをご飯・野菜(ダイコン、ニンジン、ショウガなど)・米麹と共に、重石をかけ漬け込んだ料理。
厚田村の「ハタハタのいずし」は有名。
酢味噌和え ぬた - 農業・沿岸地域 北海道名産の魚介類・野菜・山菜(ホッキ貝・タコ・ニラ・山ウド・ギョウジャニンニクなど)をお酢・砂糖・味噌で和えた料理。
昆布巻き コブ巻き - 沿岸地域 身欠きニシン(鰊の昆布巻き)・サケなどを昆布で巻き、砂糖・醤油・酒で甘辛く炊き上げた物。
ザンギ 唐揚げ - 北海道全域
函館・釧路が発祥
醤油、ニンニク、ショウガで味付けした、唐揚げの一種。
ジンギスカン ジンギスカン鍋 - 北海道全域
(月寒式滝川式が発祥)
羊肉を使った焼肉。独特の形状をした専用の鍋を用い、羊肉から出る肉汁で同時に野菜を調理する。
たこまんま - - 日本海・オホーツク海
沿岸地域
タコの卵巣。漁師料理。
氷頭なます - - 沿岸地域 サケの頭(鼻辺り)の軟骨を削ぎ落として作る酢の物。
めふん - - 日本海・オホーツク海
沿岸地域
オスの鮭の中骨に沿って付いている血腸(腎臓)を使って作る塩辛。
鮭とば - - 沿岸地域 鮭を半身におろして皮付きのまま縦に細く切り、海水で洗って潮風に当てて干した保存食。
鰊漬け - - 日本海・オホーツク海
沿岸地域
ニシンを用いた漬物。札幌大球(キャベツ)又は、白菜を使う。
三升漬 - - 山村地域 三升漬(さんじょうづけ)は、米麹・青とうがらし・醤油で作る保存食。
名前の由来は、それぞれ1升使うことに由来する。家庭によっては、シソの実などを加える。
カスベの煮付け - - 札幌圏・道南地方 エイのヒレ部分を使い、醤油味の煮魚料理。
炉端焼き - - 釧路市 囲炉裏で魚介類を焼く料理。主に居酒屋で行う。
室蘭やきとり - - 室蘭市 焼き鳥に使用される肉は、鶏肉が一般的だが、豚肉(バラ肉)が使用される。
松前漬け - - 松前郡 切り昆布とイカのするめ・数の子などを漬けた物。
切り込み - - 日本海・オホーツク海
沿岸地域
ニシン・ホッケ・サケ等と塩・米麹を漬けた塩辛。
エスカロップ エスカ 1963年(昭和38年) 根室市 炒めた飯の上にトンカツを載せデミグラスソースをかけた料理。洋食店で考案され家庭に広まった。ご当地グルメに分類される場合もある。
すき焼き
しゃぶしゃぶ
- - 北海道全域 北海道のすき焼き・しゃぶしゃぶで使用される肉は、牛肉よりも豚肉の方が多い。その他使用される具材がある。
ラムしゃぶ - - 北海道全域 冷凍した羊肉を薄くスライスし、しゃぶしゃぶで食する料理。
タコしゃぶ - - 道北道南沿岸地域
利尻島・礼文島・稚内・函館
冷凍したタコを薄くスライスし、しゃぶしゃぶで食する料理。
ちゃんちゃん焼き - - 石狩地方 半身にしたサケ・ホッケを鉄板で焼き、味噌タレを塗り焼き上げた料理。
豚丼 - 1933年(昭和8年) 帯広市 豚肉(ロース肉など)を甘辛いタレで焼き上げ、ご飯の上に乗せた物。
魚卵料理 こっこ料理 - 沿岸地域 サケの卵巣(イクラ、筋子)・マスの卵巣(筋子)・マダラの卵巣(タラコ)・ニシンの卵巣(数の子)・カニの卵巣・ウニの生殖腺(卵巣・精巣)・カジカの卵巣などを用いた料理。
醤油に漬け込んだ料理。いくらの軍艦巻き、どんぶり料理のいくら丼、数の子の醤油漬け。ギスカジカの卵巣の醤油漬け。
生ウニを用いた軍艦巻き、ウニ丼。焼きウニ。甘辛く炊いたウニを用いたおにぎり、弁当など。
塩に漬けた物。タラコ、塩イクラ、(サケ・マス)筋子、塩数の子、塩ウニ。

うに・いくら丼は「農山漁村の郷土料理百選」では郷土料理ではなく御当地人気料理に分類されている。

タラ料理 - - 沿岸地域 スケソウダラ(棒鱈)・マダラを用いた料理。
鍋料理、フライ、バター焼き、煮付け(棒鱈)、松前焼きなど。
タチ料理 タチ - 沿岸地域 マダラ・スケソウダラの精巣(白子)を用いた料理。
蒲鉾(たちかま)、バター焼き、寿司ネタ、味噌汁、和え物(タチポン)。
サケの白子料理 - - 沿岸地域 サケの精巣(白子)を用いた料理。
バター焼き、煮付けなど。
貝料理 - - 沿岸地域 貝(ホタテ・シジミ・カキ・ホッキ・白貝・ツブ・マテ貝)を用いた料理。
炊き込みご飯。汁物、味噌汁、鍋料理、松前焼き、焼き物、酢味噌和えなど。
カキ(サロマ湖・厚岸町)厚岸のカキめしが有名。ホッキは、苫小牧市のホッキめし。シジミは、天塩町が有名。天塩産のシジミ(ヤマトシジミ)の大きさは、アサリ(2-3p)程の大きさで有名。
ツブ料理 - - 道南日本海
沿岸地域
ツブ貝を金網の上で焼き、爪楊枝・フォークで身を取り出して食する。ショウガ醤油の甘辛い汁を用いる。
ツブ貝の塩茹で・煮付け。
エビ料理 - - 日本海・オホーツク海
沿岸地域
エビ(甘エビ・ゴジラエビ・ボタンエビ・北海シマエビ)を用いた料理。
寿司ネタで定番のエビは、ボイルエビではなく、火を通さない物が一般的。
寿司ネタ、焼き物、塩茹で(北海シマエビのみ)、和え物、塩辛など。
カニ料理 - - 札幌圏・沿岸地域
稚内・函館・根室・釧路など
名産のカニ(ケガニ・ズワイガニ・タラバガニ・ハナサキガニ)を用いた料理。
カニの卵巣を用いた、かにこ(カニのこっこ)料理。かにめし、かにみそを用いたもの、カニの甲羅鍋、甲羅酒など。焼き物。塩茹でなど。元は、漁師料理。
ハタハタ料理 - - 札幌圏・道南地方 ハタハタを用いた料理。煮付け(醤油味の煮魚料理)。塩焼き。
ウチダザリガニ料理 - - 阿寒湖畔 湖で収獲されるウチダザリガニを調理した物。
ワカサギ料理 - - 湖畔地域 湖で収獲されるワカサギを調理した物。
シシャモ寿司 - - むかわ町 名産のシシャモを用いた巻き寿司。
クジラ料理 - - 道南地方 鯨肉の大和煮、塩仕立ての汁物をくじら汁。
ギョウジャニンニク料理 - - 山村地域(アイヌ) ギョウジャニンニクを用いた料理。
醤油に漬け込んだ醤油漬け。ジンギスカンの具材、酢味噌和えなど。
山ワサビ料理 蝦夷山葵 - 山村地域 山で収獲される野生のワサビ「山ワサビ」を調理した物。
醤油漬け、薬味。ワサビに醤油をかけ、ワサビかけご飯に。
甘納豆の赤飯 - - - 小豆を用いた一般的な赤飯も食されるが、甘い赤飯がある。赤い色を付ける為に食紅入れ、炊飯をする。炊き上がった赤飯に小・大粒の甘納豆(小豆・インゲン豆・白花豆など)を入れ、混ぜて出来上がり。
黒飯 - - - 弔事に食べる黒豆を使ったおこわ。



ブックメーカー ネッテラー 海外FX